電子マネーのポイント、クレジットカードのポイント、クレカチャージの可否、クレカチャージによるポイント獲得のまとめ


電子マネーとクレジットチャージトップ > 電子マネーで得するクレジットカード一覧JCBカード一覧 > JCB LINDA

JCB LINDA

スポンサーリンク

女性に多くの特典があるカードが「JCB LINDA」です。

LINDAと他のJCBカードとの違いは、年会費とポイントボーナスです。
基本のポイント付与率は同じですが、ポイントボーナスの制度が異なります。

さらに女性の申込を期待して作られたカードですので、クーポンや優待などの特典が豊富です。

カードデザインも数種類から選択できます。
なお、旅行保険の付帯はありません。

「年会費」ではなく、「データ維持料」

”年会費は無料”と銘打っていますが、利用者側からすればほぼ同じものみなしてしまう「データ維持料」というものがあります。
ただ、このデータ維持料は大変安く、また無料になる条件のハードルも低いです。

まずデータ維持料は月あたり100円+税です。
データ維持料の請求日は2月10日と8月10日の年2回となっており、それぞれ半年ずつデータ維持料無料の条件を満たさなかった月数分が請求されます。

このデータ維持料が無料になる条件は3つかあり、いずれか一つでも満たせば無料になります。

1.利用月額が1万円(税込)以上の場合

通常のカード年会費はその名の通り年単位で請求されますが、LINDAは月単位で無料・有料が決定します。
なお申込後の最初の月は、データ維持料は無料となっています。

2.学生の場合

もし学生であるなら、卒業予定年月まで無料になります。
利用月額や、次に述べる携帯料金の支払い設定など満たす必要はありません。

3.携帯電話の利用料金の支払いをLINDAで行う場合

携帯電話の料金をLINDAで支払う場合もデータ維持料が無料になります。

但し、引き落としの変更時は手続き完了まで最大2か月ほどかかることもあります。
その際は1、2の条件を満たしていなければ、引き落とし手続き設定完了まではデータ維持料を請求されることになります。

また最近では携帯料金やプロバイダ料金を合算して支払っている方もいますが、このような方は手続きが完了してもデータ維持料がかかることがあります。

携帯料金の請求元がどこかで無料とするかを判定していると考えられますので、条件にあてはまない請求元の場合はデータ維持料が無料になりません。
または、請求を分離できるか請求元に確認してみましょう。

ポイントプログラムは「OkiDokiポイントプログラム for LINDA」

LINDAもJCBですが、ポイントプログラムは少し異なっており「OkiDokiポイントプログラム for LINDA」という名前です。

通常利用で、ひと月あたりの総利用額に対し1,000円(税込)ごとに1ポイント付与されます。
通常利用でのポイント付与率は他のJCBカードと同じです。

貯めたポイントはギフトカードや他社ポイント、JCBオリジナルグッズなどと交換ができます。

また、当年の利用総利用額によっては翌年のボーナスポイントが発生します。ポイント付与率は1,000円(税込)利用につき1ポイント付与となっています。

LINDAの場合、ボーナスステージが他のJCBカードとは内容が少し異なります。

まずは通常の「OkiDokiポイントプログラム」

前年度の実績によるボーナス
集計期間中の利用金額(税込)メンバーランク一般ゴールドJCBゴールド ザ・プレミア
プラチナ
JCBザ・クラス
300万円以上の方ロイヤルα(アルファ)PLUS対象外60%UP70%UP
100万円以上の方スターα(アルファ)PLUS50%UP60%UP
50万円以上の方スターβ(ベータ)PLUS20%UP30%UP
30万円以上の方スターe(イー)PLUS10%UP20%UP
通常の「OkiDokiポイントプログラム」は、例えばJCBカード一般の場合、当年中の利用額で翌年のポイント付与率が最大で1.5倍(50%UP)になります。

1,000円(税込)利用で1.5ポイントの付与となるわけです。

JCBカード一般では50%アップが限界ですが、JCBカードゴールドなら60%アップ、さらにそれ以上のランクのカードなら70%アップが可能です。

ではポイントの集計期間とボーナスポイントの適用期間はどうなっているのでしょうか。

集計期間とボーナス適用期間

通常の「OkiDokiポイントプログラム」の集計期間とボーナス適用期間は次のようになっています(これは2017年2月現在のものです)。例えば、具体的な日付を入れると次のようになります。

例)カード入会日を2016年6月10日とすると…ようするにカード入会が12月16日を過ぎてから日数が経つほど、ボーナスポイントのハードルクリアが難しくなっていくと言えます。

2年目以降ならボーナス適用期間中と同時に集計期間も進みますので、さらにその翌年のポイントボーナスのランクが決定します。

LINDAのポイントプログラム「OkiDokiポイントプログラム for LINDA」

初期のポイント付与率は1,000円(税込)利用につき1ポイント付与となっており、他のJCBカードと同じです。

LINDAは集計期間、ボーナス適用期間ともにカード入会から”1年”です。
ポイントボーナスが適用される利用金額は50万円と100万円の2段階です。
50万円達成ポイント2倍(100%UP)
100万円達成ポイント3倍(200%UP)
カード入会から1年以内にその利用金額に到達でき次第、ポイントボーナスが適用されます。
1年経つと、また新たに最初からスタートします。例)カード入会日を2016年6月10日とすると…通常のJCBの集計期間は前年12月〜当年12月までと期間が決まっていましたが、LINDAはカード入会月から1年間となっています。

年間利用額が50万円未満になりそうならLINDA以外の検討も

通常のJCBカードはポイントボーナスの最大が1.7倍であり、例えば100万円利用なら1.5倍です(JCBカード一般JCBゴールドの場合)。

LINDAは利用額50万円以上でポイント2倍になることからポイントボーナスはお得なのですが、50万円に満たない場合はポイントボーナスはありません。

しかし通常のJCBカードであれば30万円以上の利用でポイントボーナスがありますので、30万円以上50万円未満の利用額ならLINDA以外のカードという選択もありです。

LINDAオリジナルの付帯保険「お守リンダ」

JCBに限らず、どのクレジットカードでも付帯保険に旅行保険とショッピング保険があります(ついていないものもあります)。
LINDAにはオリジナルの保険が用意されており、好みによって付帯することができます。

プランA.女性特定がん保険【月額30円から】

女性特有のがん、つまり乳がん、子宮がん、卵巣がんと診断確定され手術を受けた場合の補償です。
月払掛金は次のように大変安くなっています。
年齢区分月払掛金
20〜24歳30円
25〜29歳60円
30〜34歳110円
35〜39歳190円
40〜44歳340円
45〜49歳480円
50〜54歳600円
55〜59歳630円
60〜64歳560円
65〜69歳560円
70〜74歳520円
この保険は、診断確定後の手術が保険金受け取りの条件となっていることに注意してください。
診断確定だけでは保険金を受け取ることができません。

プランB.天災限定障害【月額60円】

天災(地震、噴火、これらによる津波)によるケガにより入院・手術を受けた場合に補償を受けられます。
20〜70歳の方が対象になりますが、保険料は一定で月額60円です。自然災害によるケガのみが対象ですので、日常生活でのケガや病気は対象外です。

プランC.犯罪被害補償【月額100円】

保険料は一定の月額100円で、20歳以上の方が対象です。

プランD.傷害入院補償【月額390円】

主に交通事故などを対象にした保険です。
プランBでは天災を補償対象にしていましたが、この保険は天災を対象外としていますので、お互いが補完し合う内容となります。
手術は補償対象外です。20歳以上の方が加入の対象です。

カードの即日発行

カード発行(申込から実際の受取)までの期間は、最短で1週間強です。

JCB LINDAの詳細(あり。詳しくはこちら時点)

年会費(初年度)データ維持費:月100円+税
※無料条件はこちら
年会費(2年目以降)データ維持費:月100円+税
※無料条件はこちら
提携発行会社ジェーシービー
ポイントプログラム名称OkiDokiポイントプログラム for LINDA
通常使用のポイント付与率1,000円(税込)→1ポイント
スポンサーリンク

JCBカード一覧

JCBカード一般
1,250円+税(オンライン申込の場合、初年度無料)
1,250円+税
下の2つの条件を満たすと、翌年の年会費無料
@MyJチェックの登録(年会費支払月の前々月19日まで)
A年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用
ジェーシービー
OkiDokiポイントプログラム
1,000円(税込)→1ポイント

JCBカードゴールド
10,000円+税(オンライン申込の場合、初年度無料)
10,000円+税
※年会費無料の条件はありません。
ジェーシービー
OkiDokiポイントプログラム
1,000円(税込)→1ポイント

スポンサーリンク