電子マネーのポイント、クレジットカードのポイント、クレカチャージの可否、クレカチャージによるポイント獲得のまとめ


電子マネーとクレジットチャージトップ > 電子マネーで得するクレジットカード一覧 > リクルートカード

リクルートカード

スポンサーリンク

転職サイトやホットペッパーでおなじみのリクルート社発行のクレジットカードです。
ポイント還元率に強く、電子マネーへのチャージでもポイントを獲得できるため大変人気があります。

発行ブランドがVISA、MasterCard、JCBの中から選択できるのですが、発行ブランドによりポイントの付与対象となる電子マネーチャージが変わります(正確にはカード発行会社(三菱UFJニコスとジェーシービー)で変わる)。

ここではそのあたりも詳しく解説していきます。

カードの基本情報について

本会員のカード年会費は永年無料です。
さらに家族カード年会費も永年無料となっていますが、ETCカード年会費のみVISA・MasterCardで新規発行手数料1,000円+税となっています。

この新規発行手数料は最初の一度きりであり、毎年の年会費はどのブランドでも無料です。

加入資格は18歳以上(高校生は除く)で、安定収入のある方です。

ポイント制度について

ポイントの貯め方

リクルートカードのポイント制度は「リクルートポイント」です。

リクルートポイントはPontaポイントと統合しましたが、リクルートポイントをリクルート系列でのサービスに対して利用するのならこれまで通り利用できます。

Pontaポイントに交換することにより、さらにポイントの利用使途が広がったというだけです。

通常利用時のポイント付与率は100円(税込)利用につきリクルートポイント1.2Pであり、1ポイントは1円分として利用することができます(月間の総利用額の1.2%がポイントになります)。
ポイント還元率としては数多くのクレジットカードの中でも最高峰です。

さらにポイント期限は最終加算日から12か月後ですので、メインカードにするのなら実質無期限になります。

さらにリクルート系列での利用ならポイントボーナスがあります。

ポンパレモールでの買い物なら4.2%

リクルートのネット通販「ポンパレモール」でのカード利用なら還元率がプラス3.0%です(合計4.2%)。

ポンパレモールはファッションや食料品、電化製品も取り揃えています。
4.2%のポイント付与率というのは、消費税が半分になるのと同じようなものです。

じゃらんでの宿泊予約なら3.2%

リクルートの宿泊予約サイト「じゃらん」でのカード利用なら還元率がプラス2.0%です(合計3.2%)。

電子マネーチャージでも貯まる

ポンパレモール、じゃらんでのポイント付与率は、通常利用と比べると2倍以上の高還元率でした。

電子マネーチャージのポイント付与率は、通常利用と同じで100円につき1.2ポイントですが、実はSMART ICOCAやモバイルSuica、nanacoなどへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードは大変少なく、リクルートカードは大変貴重で珍しいクレジットカードなのです。

リクルートカード発行開始から現在においては変わりなくポイント付与の対象のままですが、いつかポイント付与対象外になるのではないかと、私は勝手に思っています(現在そんな情報はありません)。
そのくらいお得なサービスということです。

注意が必要なのは、発行ブランド(正確には発行会社)で少し条件が異なります。
発行ブランド
(発行会社)
ポイント付与の対象
となる電子マネー
JCB
(ジェーシービー)
・QUICPay
・nanaco(ナナコ)
・モバイルSuica
Mastercard
Visa
(三菱UFJニコス)
・nanaco(ナナコ)
・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA
ここに掲載していない電子マネーは、リクルートカードでチャージできません。

この表から、JCBブランドは楽天EdyとSMART ICOCAのポイント付与は対象外であるということです。

特にSMART ICOCAにクレジットチャージでポイントを獲得できるのはリクルートカードだけとなっていますので、関西圏でSMART ICOCAを利用している方・利用を検討している方はリクルートカードをセットにして考えたいところです。

ちなみにSMART ICOCAにクレジットチャージでポイントを獲得できるカードとしてイオンカードも挙げられますが、ポイント付与率は半分(400円→1ポイント)となっています。

Apple Pay対応

VISA/MasterCardブランドのみApple Payに対応済みです。
JCBブランドは現在未対応のままとなっています。

OkiDokiランドやPOINT名人.comは利用できない

JCBブランドの場合はジェーシービー発行となり、VISA・MasterCardブランドの場合は三菱UFJニコス(MUFGカード)発行となります。

ジェーシービーにはポイントアップサイトの「OkiDokiランド」、三菱UFJニコス(MUFGカード)には「POINT名人.com」がありますが、これらは利用できません。

あくまでリクルート系列のサービスのみの利用となっています。

ポイントの使い方

ポイント還元率は高く、1ポイントを1円分として利用できるリクルートカードですが、ポイント利用使途はやや限られていると言えると思います。

Pontaポイントに交換すれば用途は広がるものの、Pontaポイントに交換してもギフトカードとの交換はできません。

リクルートポイント・Pontaポイントどちらにおいても、実店舗で1ポイントを1円分として利用するか、他社ポイントに交換するという利用使途になるでしょう。

1.リクルート系列のお店で利用する

主なリクルート系列の店舗・サービスは次のものが挙げられます。以上のサービスならPontaポイントへ交換することなく、リクルートポイントのままでポイント利用ができます。

2.Pontaポイントへ交換する

Pontaポイントへは等価交換できます。

リクルートポイント 1ポイント → Pontaポイント1ポイント

Pontaポイントの使い道

Pontaポイントに交換することにより、さらに用途は広がります。

マイルとの交換はできない

先に述べたギフトカードも交換できませんが、リクルートポイントはマイルとの交換もできません。
ただ、Pontaポイントに交換すればJALマイルとの交換が可能になります。

ギフトカードはPontaポイントでも交換対象になっていません。

まとめ

リクルートカードは還元率もさることながら、電子マネーとの組み合わせでは最強のカードといえます。
電車やバスの利用、コンビニ利用などで電子マネーを頻繁に利用する方は大変おすすめできるカードです。

ポイント交換においてもPontaポイントとの交換で可能になったことでさらに利用使途が広がりました。
ギフトカードとの交換ができませんが、それ以外でも必ず希望の交換先が見つかると思います。

リクルートカードの詳細(なし時点)

↓↓公式ホームページへ↓↓
リクルートカード

年会費(初年度)無料
年会費(2年目以降)無料
提携発行会社リクルートホールディングス
ポイントプログラム名称リクルートポイント
通常使用のポイント付与率100円(税込)→1.2ポイント
スポンサーリンク