manaca(マナカ)

クレジットチャージについて

manacaを持つならクレジットカードの登録がおすすめです。

まず事前にジョイント登録が必要です。
ジョイント登録とは会員サイトの「マイミュースター」または名鉄主要駅内などにある「μstar station(ミュースターステーション)」にて行う、manacaと名鉄ミューズカードの紐付の手続きです。

このジョイント登録には記名式のmanacaと(無記名式は不可)、名鉄ミューズカードが必要です。

ようするに、他社のどんなクレジットカードでもチャージできるわけではないですし、誰のmanacaに対してもチャージできるわけではないのです。

ジョイント登録が済めば、クレジットチャージ時にポイントが付与されます。
なお、オートチャージ設定はできません。

manaca自体にもポイント制度はありますが、クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントも獲得することができます。

ようはポイントの二重取りが可能になるわけです。

おすすめのクレジットカード

名鉄ミューズカードは、manacaへクレジットチャージできる唯一のクレジットカードです。
名鉄ミューズカード以外のクレジットカードでクレジットチャージは一切できません。

ポイント付与率は通常利用分と同じで、200円につき1ポイントです。

定期券の購入でもポイントが付与されることから、愛知県内では大変人気のあるクレジットカードです。

名鉄ミューズカード 一般

最もスタンダードな名鉄ミューズカードです。

初年度の年会費は無料で、翌年度は1,250円+税がかかるものの、前年に5万円以上(税込)のショッピング利用があれば無料になります。

1年間で5万円の利用ですので、大変簡単な条件です。

名鉄ミューズカード ゴールドプレステージ

名鉄ミューズカードのゴールドカードです。

違いはというと、主に海外・国内旅行保険やショッピング保険の補償額であり、ポイント付与率は同じです。

海外旅行に年数回行き、かつこのカードをメインカードに据えても良いという方なら十分申し込む価値はあります。

そうでなくて、主に買い物利用だけに使うという方は上述の一般カードで充分です。

manaca(マナカ)の概要

愛知系交通グループのICカードです。
manacaがあれば次の電車・バスの改札機・運賃箱にタッチするだけで料金の支払いが完了します。全国相互利用可能ですので発行電鉄だけに限らず、様々な地域の電車やバスの改札でも利用できます。

さらに、manacaは名鉄ミューズカードからのみ、クレジットチャージが可能です。
クレジットチャージ時と、manaca使用時、ダブルでポイントを獲得できます。

manaca(マナカ)の種類

manacaにはスタンダードな「manaca」、子供用の「manaca小児用」の2種類があります。

どちらにも定期券の機能を持たせることもでき、チャージしておけば定期券区間外での利用時も自動でチャージ分から運賃が精算されることになります。

またスタンダードなmanacaは、紛失時の補償付きの「記名式」と、「無記名式」も選択できます。
manaca小児用は記名式のみです。

なお、現在無記名式であっても、途中から記名式へ変更することも可能です。

記名式と無記名式

manacaには記名式と無記名式があります。

記名式は式名の通り、manacaカード本体に本人の名前が印字されます。
また購入時に氏名・生年月日・性別・電話番号の登録が必須です。

このような手続きを踏むことで紛失時の再発行が可能になります。

無記名式は上記個人情報の登録は不要ですが、紛失時には再発行という補償はありません。

定期券付きのmanacaもあり、これは記名式となります。
定期券付きmanacaがあれば、定期券区間外で改札を出る時も清算の必要はなく、チャージ分から必要な運賃が自動で清算されます。

ポイント制度について

ポイントを貯める

manaca利用によるポイント付与は、下記の交通事業者での利用のみ可能です。
これ以外での利用はポイントの付与はありません。

manaca利用によるポイント付与率ですが、○○円で△ポイント、といったように一律ではありません。
各交通事業者によって異なります。
名古屋鉄道(名鉄)
毎月の利用(1日〜末日)の利用額と利用回数で付与されるポイントが決まります。

例えば、ひと月に12,240円、22回利用したとします。

@利用額分のポイント数

まず利用額分の付与ポイント数です。
利用額による計算方法は、利用額が大きくなるほどポイント獲得率が上がっていくという内容です。

利用額によるポイント付与数は次の表で決定されます。
総利用額付与率
2,000円までの部分0%
2,001〜5,000円までの部分2%
5,001〜10,000円までの部分4%
10,001円〜20,000円までの部分6%
20,001円以上の部分8%
ひと月に12,240円の利用となると、この表からポイント付与率が6%なので、734ポイントの付与・・・とはなりません。

この場合は次のような計算になります。
総利用額付与率実際に獲得できるポイント
2,000円までの部分0%0P
2,001〜5,000円までの部分2%60P
5,001〜10,000円までの部分4%200P
10,001円〜20,000円までの部分6%ここが残りの2,240円となるので、
134.4P
合計合計で394.4Pとなるが、
1の位以下は切り捨てとなるため、
390P
累進課税と同じ仕組みでポイント獲得率が上がっていきます。

A利用回数分のポイント数

次に、利用回数分の付与ポイント数です。
利用額による付与率とは異なり、単純に利用回数によりポイント獲得率が決定します。

利用回数によるポイント付与数は次の表で決定されます。
総利用額回数付与率
0〜10回0%
11〜40回3%
41回以上6%
ひと月に22回の利用の場合、次のような計算になります。

12,240円×3%=367.2P

1の位以下が切り捨てのなりますので、360Pの獲得です。

B @とAの合計

@とAで求めたポイントの合計がその月の獲得ポイント数となります。
よって750ポイントです。
名鉄バス
名鉄バスでのポイント計算方法は利用金額の2%ですが、一定の利用金額に到達するとボーナスがあります。

ボーナスポイントは次の表を参照してください。
総利用額ボーナスポイント
2,000円到達時+50P
5,000円到達時+100P
1万円到達時+150P
例えば、ひと月の総利用額が5,500円だった場合です。

@まず利用金額の2%のポイント獲得ですので、

5,500円×2%=110P

A次にボーナスポイントの獲得です。
これは到達段階ごとにポイントが付与されます。

50+100=150P

B合計で、

110+150=260P

ひと月で260ポイントの獲得となります。
豊橋鉄道(渥美線・市内線)
渥美線・市内線それぞれの利用回数でポイント獲得率が決定します。
総利用額回数付与率
0〜9回0%
10〜19回1%
20〜39回3%
40回以上5%
豊鉄渥美線をひと月で25回、計7,000円利用した場合の獲得ポイント数は次のようになります。

7,000円×3%=210P

合計210ポイントの獲得となります。
愛知高速交通(リニモ)
ポイント獲得率は、名古屋鉄道(名鉄)の計算方法と同じです(上に戻る)
名古屋市交通局(地下鉄・市バス)
ポイント獲得率は下記リンクを参照してください。

マナカマイレージポイントとは|名古屋市交通局
名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)
ポイント獲得率は下記リンクを参照してください。

あおなみ線 ホームページ
名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)
ポイント獲得率は下記リンクを参照してください。

こちら(pdfですのでスマホからの閲覧はできません)

ポイントを使う

manacaは全国相互利用可能な電子マネーですので、manacaマークのある店舗や飲料の自動販売機、駅のロッカー、駐車場などで電子マネーとして利用することができます。

manacaをはじめとした電子マネーのマークはレジの横などに表示してありますのですぐにわかるはずです。

デポジットについて

電子マネーやプリペイドカードはカード会社にとって利ざやが小さいため、使い捨てや紛失によるカード再発行費用を会社負担にすることが大変難しくなっています。

そのため前もって預り金を徴収しますが、これを「デポジット」といいます。

manacaの全種類についてもデポジットは必要で、manacaの初回購入費は2,000円ですが、利用可能額は1,500円となっています。

差額500円がデポジットとしてカード会社預りとなり、解約時のカード返却と引き換えに返金してもらえます。

購入方法について

無記名式manacaは自動券売機またはmanaca取扱窓口で購入できます。

記名式manacaはmanaca取扱窓口のみでの購入となります。
その際、個人情報の登録が必要となります。

小児用manacaは購入時に本人確認書類(健康保険証など)が必要です。

チャージ方法について

manacaには通常のmanaca、小児用manacaがあるわけですが、どちらも現金によるチャージが可能です。

現金でのチャージ方法は、駅構内にある自動券売機やチャージ機、またはバスや電車内にあるチャージ機で行います。

チャージは最低1,000円からとなっています。

クレジットチャージは、事前にクレジットカード(名鉄ミューズカードのみ)の登録手続きが必要ですが(ジョイント登録)、クレジットカードは手元になくても構いません。

名鉄主要駅内・商業施設内のμstar station(ミュースターステーション)でクレジットチャージが可能ですが、チャージ手続きしただけでクレジットカードへ請求が向かうようになっています。

オートチャージはできません。
μstar stationで手続きし事前にチャージする必要があります。

<<前のページへ   次のページへ>>