三井住友トラストカードの特徴

同じ「三井住友」の冠であり、同じ発行ブランドの「VISA」でありながら、別の発行会社である三井住友トラストカードと三井住友VISAカード

さらにポイントプログラムも同じ「ワールドプレゼント」であるため、違いがどこなのかがはっきりわかりません。
ここでは三井住友トラストカードをメインに、三井住友VISAカードと比較しながら説明していきます。

クラシックカードは3種類

クラシックカードとは主に一般カードのことであり、券種は以下の3種類となっています。
三井住友トラストVISAカード
(以下、トラスト)
三井住友トラストカードの中では、スタンダードカードといえます。
三井住友トラストVISAレディースカード
(以下、トラストレディース)
女性専用のカードです。スタンダードカードにプラスアルファの特典があります。
ロードサービスVISAカード
(以下、ロードサービスVISA)
スタンダードカードに、ロードサービスが付帯されたカードです。
三井住友VISAカードと比較した場合、次のように対応しているといえます。
トラスト三井住友VISAクラシックカード
トラストレディース三井住友VISAアミティエカード
ロードサービスVISA対応カードなし

クラシックカードの比較

トラスト」がスタンダードカードとなりますが、「トラストレディース」はそのプラスアルファのカードサービスが付いており、「ロードサービスVISA」はその名の通りロードサービスが付帯されたカードです。

どのカードもポイント付与率は同じで、1,000円(税込)利用につき1ポイント付与です。

女性であるならトラストレディースがおすすめですが、トラストトラストレディースの違いは「旅行保険の補償額」です。
年会費は変わらないのに、トラストレディースの方が補償額が若干大きくなっています。
つまり、旅行が趣味でない女性などはトラストでもトラストレディースでもどちらでもよいということになります。

ロードサービスVISAトラストにロードサービスを付帯したカードで、ロードサービス分の年会費が上乗せされています。
券種年会費(初年度)年会費(2年目以降)
三井住友トラストVISAカード無料1,250円+税
※年会費無料の条件はありません。
三井住友トラストVISAカード無料1,250円+税
※年会費無料の条件はありません。
ロードサービスVISAカード無料2,000円+税
※年会費無料の条件はありません。

ポイントについて

ポイント制度は「ワールドプレゼント」であり、1,000円(税込)利用で1ポイントが付与されます。
このポイント制度は三井住友VISAカード東京VISAカードと全く同じです。
ポイントの貯め方・使い方については下記リンクを参照してください。

ワールドプレゼントの貯め方・使い方

海外旅行保険について

トラストレディースの旅行保険補償額は、トラストより若干ですが手厚くなっています。
海外旅行保険
券種三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカード
自動付帯 or 利用付帯利用付帯自動付帯
死亡・後遺障害2,000万円2,000万円(内訳→自動付帯:300万円、利用付帯:1,700万円)
傷害治療50万円100万円
疾病治療50万円100万円
賠償責任2,000万円2,500万円
携行品損害(1旅行中)15万円20万円
救援者費用100万円150万円
渡航便遅延保険なしなし
海外旅行保険 家族特約
券種三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカード
自動付帯 or 利用付帯なしなし
死亡・後遺障害なしなし
傷害治療なしなし
疾病治療なしなし
賠償責任なしなし
携行品損害なしなし
救援者費用なしなし
渡航便遅延保険なしなし
国内旅行保険
券種三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカード
自動付帯 or 利用付帯なし自動付帯
死亡・後遺障害なし2,000万円(内訳→自動付帯:300万円、利用付帯:1,700万円)
入院保険金日額なしなし
手術保険金なしなし
通院保険金日額なしなし
渡航便遅延保険なしなし
国内旅行保険 家族特約
券種三井住友トラストVISAカード三井住友トラストVISAレディースカード
自動付帯 or 利用付帯なしなし
死亡・後遺障害なしなし
入院保険金日額なしなし
手術保険金なしなし
通院保険金日額なしなし
渡航便遅延保険なしなし

まとめ

冒頭で対比を紹介しました。
トラスト三井住友VISAクラシックカード
トラストレディース三井住友VISAアミティエカード
ロードサービスVISA対応なし
結局、カード内容は非常に似ており、年会費もほぼ同じ、ポイントサービスは全く同じときています。

三井住友VISAカードも含めた中でどのカードを選択すべきなのでしょうか。
まず三井住友トラストにあって三井住友VISAにないものはロードサービスVISAです。

三井住友VISAカードの中にはロードサービスに特化したカードがありませんので、ロードサービスを希望するならロードサービスVISAがおすすめです。

ロードサービスに興味がなくそれ以外のカードを希望するなら三井住友VISAカードに軍配が上がります。
付帯保険の補償額も同じなのですが、年会費の内容は若干の違いがあります。
若干の違いとは、三井住友VISAカードには年会費割引条件があるのです。
券種年会費(2年目以降)
三井住友トラストVISAカード1,250円+税
※年会費無料の条件はありません。
三井住友VISAクラシックカード1,250円+税 (VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費:250円+税)
年会費割引
1.カードご利用代金WEB明細書サービスの利用し、年6回以上の請求で年会費 500円+税割引
2.マイ・ペイすリボ登録し、年に1回以上クレジットカード利用した時 年会費無料
3.前年度100〜300万円利用で年会費半額、300万円以上の利用で年会費無料
※1と2、1と3は重複して割引が可能
表中ではトラスト三井住友VISAクラシックカードを抜粋しましたが、トラストレディースアミティエについても同じような比較になります。

<<前のページへ   次のページへ>>