電子マネーのポイント、クレジットカードのポイント、クレカチャージの可否、クレカチャージによるポイント獲得のまとめ


電子マネーとクレジットチャージトップ > 電子マネーとクレジットカードの雑学 > Pontaポイントの使い道

Pontaポイントの使い道

スポンサーリンク

Pontaとは

Pontaとは複数のポイントブログラムを一つにまとめる「共通ポイントプログラム」のことです。

共通ポイントプログラムで有名なものとして「Tポイント」があります。
Tポイントはサイフの中にポイントカードがかさばるのでもうポイントカードは作りたくない、という方が増えたことにより誕生しました。

そのためTポイントカードが一枚あれば、Tポイントを採用している様々な会社のポイントを合算して貯めることができるのです。

誕生の経緯は異なりますが、Pontaも異なる会社間で利用できる共通のポイントであるという点は同じです。

Pontaポイントのポイント付与率

ポイントが貯まる・使える店舗・サービスは大変多いですが、そのポイント付与率はそれぞれ異なります。

しかし概ね100〜200円(税込)利用で1ポイント付与となっています。

Pontaポイントが貯まる・使える店舗やサービス

百貨店・コンビニ・スーパー
旅行関連
飲食店
ファッション
通販
車関連
引越し・不動産
これは一部の有名店舗だけを取り上げており、他にもたくさんの利用可能店舗があります。

全ての店舗でポイントが貯まる・使える、と両方できるわけではありません。
貯まるだけの店舗、使えるだけの店舗もあります。

なお、貯めたPontaポイントは1ポイント1円として利用できます。

他社ポイントへの交換も可能

店舗やサービスに対してPontaポイントを利用するのもいいですが、他社のポイントへ交換することもできますし、逆に他社のポイントをPontaポイントへ交換することもできます。

他社ポイント→Pontaポイントへの交換は、多くの種類で可能です。
他社ポイント→Pontaポイント
Pontaポイント→他社ポイントへの交換は3種類のみ可能です。
Pontaポイント→他社ポイント

ギフトカードとの交換はできません

クレジットカードのポイント交換物として人気の”ギフトカード”。

Pontaポイントではギフトカードとの交換は行っておりません。
上で述べたとおり、提携店舗で1ポイント1円分として利用するか、他社のポイントに交換するかという還元方法になります。

また、ギフトカードとの交換となると他社カード会社での還元率は0.5%がほとんどですが、Pontaポイントの提携店舗での利用は還元率が1.0%が主流です。

ギフトカードの選択肢はないと言っても様々な店舗やサービスで利用できるため、必ずどこか良い利用先が見つかるでしょう。
スポンサーリンク