電子マネーのポイント、クレジットカードのポイント、クレカチャージの可否、クレカチャージによるポイント獲得のまとめ


電子マネーとクレジットチャージトップ > 電子マネーで得するクレジットカード一覧イオンカード > イオンカードからWAONへのチャージについて

イオンカードからWAONへのチャージについて

スポンサーリンク

WAONへのチャージの方法は1つではありません。
また、チャージ時にポイントは獲得できるのか、またチャージ分を使った時にもポイントは獲得できるのかをまとめてみました。

イオンカードセレクトによるWAONポイントの二重取りも掲載しています。

1.現金でのチャージ

加盟店(イオンやダイエーなど)のレジやWAONチャージャー、イオン銀行ATMなどで可能です。
チャージは1,000円単位、限度額は3万円未満です(一部2万円)。
チャージ時のポイント付与はありません。
チャージ時のポイント付与なし
WAON利用時のポイント付与200円(税込)利用でWAONポイント1P

2.クレジットチャージ

現金ではなくクレジットカードを利用してチャージを行います。
WAONチャージャー、WAONステーション、イオン銀行ATMにて行うことができ、現金でのチャージ時と異なることにも注意してください。
チャージに利用できるクレジットカードは次の一覧です。
以上全てのカードは一体型・分離型のどちらかですが、親カードとなるクレジットカードからのチャージが可能です。

例えばWAONカードプラスはイオンのクレジットカードありきでしか発行されませんので、元となるイオンのクレジットカードからのチャージが可能です。
WAON一体型であれば、一体となっているクレジットカードからのチャージが可能です。

チャージ単位・限度額は現金チャージの場合と同じです。

なお、クレジットカードによるチャージは、ポイント付与の対象ではありません。
よって現金でチャージを行う場合と全く同じです。
チャージ時のポイント付与なし
WAON利用時のポイント付与200円(税込)利用でWAONポイント1P

WAONカードとWAONカードプラスの違い

カードの機能は同じでクレジットチャージの可・不可が異なります。

通常のWAONカードはクレジットカードの有無に関係なく持つことができる電子マネーのカードです。
独立した一つのカードであり、クレジットカードとの紐付はできませんのでクレジットチャージはできません。
発行手数料が300円(税込)かかります。

WAONカードプラスはWAON機能の付いていないイオンのクレジットカードを持っているときに追加で発行できるカードです。
こちらも発行手数料が300円(税込)かかります。

この場合はイオンカード(WAON一体型)などに切り替えれば発行手数料不要でWAON機能も持てることになります。

クレジットカードによるチャージができるのは、クレジットカードと紐付ができるWAONカードプラスの方です(もちろん一体型も可能です)。

3.オートチャージ

WAON残高が不足次第、紐付元であるクレジットカードから自動的にチャージされます。
チャージに利用できるクレジットカードは、上で述べたクレジットチャージの一覧とさらに「イオンカードセレクト」です。このクレジットチャージの一覧とイオンカードセレクトではオートチャージの内容が異なります。

クレジットチャージの一覧のオートチャージの内容

クレジット枠を使用してオートチャージを行います。
よって請求はクレジットカード利用分として来ることになります。

イオンカードセレクトのオートチャージの内容

イオン銀行の残高を使用してオートチャージを行います。
200円のオートチャージにつきWAONポイント1Pが付与されます。
オートチャージが行われたと同時に、イオン銀行口座の残高から引き落としされることになります。

そして、オートチャージでもポイントが付与されるのはイオンカードセレクトのみです。
この時に付与されるポイントはときめきポイントではなく、WAONポイントとなります。
ようするにチャージ時と利用時で、ポイントの二重獲得ができるということです。
スポンサーリンク