TOICA(トイカ)

クレジットチャージについて

TOICAはクレジットカードでのチャージができません。
チャージ方法は現金にて自動券売機で行うのみです。

全国相互利用があるためTOICAマークのある店舗で利用可能ではあるものの、TOICA自体にポイント制度がないため、同一地域で競合としているmanacaに競り負けている印象はぬぐえません。

manacaは電車・バスでの利用時にポイント付与がありますし、名鉄ミューズカードでクレジットチャージも可能です。
クレジットチャージ時にポイント付与もあります。

もしこれから持つ電子マネーで、TOICAとmanacaで迷っているのなら断然manacaをおすすめします。

TOICA(トイカ)の概要

JR東海のICカードです。
全国相互利用可能ですので東海地方の電鉄だけに限らず、様々な地域の電車やバスの改札でも利用できます。

内容的にJR東海が力を入れている雰囲気がせず、他社の交通系電子マネーと比べるとサービス面で見劣りします。

TOICA(トイカ)の種類

TOICAには大人用と小児用があります。
大人用も小児用も、定期券機能を追加することが可能です。

他社の交通系電子マネーには記名式・無記名式があり紛失・再発行時に以前のカードの内容を引き継ぐことができます。

しかし、定期券ではない通常のTOICAは無記名式のみとなり、紛失時は再発行ができません。
新規購入となります。

ポイント制度について

TOICA(トイカ)にポイント制度はありませんので、ポイントを貯めたり使うなどの特典はありません。

デポジットについて

電子マネーやプリペイドカードはカード会社にとって利ざやが小さいため、使い捨てや紛失によるカード再発行費用を会社負担にすることが大変難しくなっています。

そのため前もって預り金を徴収しますが、これを「デポジット」といいます。

PASMOの全種類についてもデポジットは必要で、PASMOの初回購入費は2,000円ですが、利用可能額は1,500円となっています。

差額500円がデポジットとしてカード会社預りとなり、解約時のカード返却と引き換えに返金してもらえます。

購入方法について

TOICAの表記がある自動券売機で購入できます。

磁気定期券からの切り替えも可能で、自動券売機でも窓口でも手続き可能です。

チャージ方法について

チャージは現金でのみ可能で、1,000〜1万円の範囲内でチャージできます。
チャージ方法は自動券売機・精算機・チャージ機で行います。

クレジットカードによるチャージ、オートチャージ設定はできませんので、残高には注意しておかなければいけません。

<<前のページへ   次のページへ>>