PiTaPa(ピタパ)

クレジットチャージについて

PiTaPaはクレジットカードでのチャージができません。
地元エリアではクレジットカードと同様に後払い(ポストペイ)であり、それ以外のエリアでは事前の現金でのチャージ、あるいはオートチャージ設定が必要となります。

このオートチャージ設定もポストペイとして処理されるため、クレジットカードのチャージ・オートチャージは全くできません。
PiTaPaのHPを見るとPiTaPa機能付きのクレジットカードもありますが、これらも一体となっているだけでクレジットからのチャージはできません。

クレジットチャージによるポイント付与を狙うのなら、同一地域で競合のSMART ICOCAがおすすめです。

SMART ICOCAなら、リクルートカード楽天カードでクレジットチャージでのポイント付与対象となっています。

PiTaPa(ピタパ)の概要

関西系交通グループのICカードです。
全ての電子マネーを含めて唯一のポストペイ型となっており、むしろクレジットカードに近いカードとなっています。

そのため他社の電子マネーのように審査不要ということはなく、審査に落ちてカード発行が叶わない方もいます。

またカードの内容も少し分かりづらい部分があり、関西圏の電車ではポストペイ型、それ以外の電車(JR西日本も含む)ではプリペイド型(チャージが必要)となっています。

その点も詳しく説明していきます。

PiTaPaが使えるエリア

全国相互利用が可能ですので、例えば東京のSuica利用可能エリアや北海道のkitaca利用可能エリアでも利用はできます。
しかしこれらの圏内ではオートチャージ設定をしていないのなら、事前のチャージが必要です。

ポストペイ型のはずなのに何故・・?と思う方もいると思いますが、ポストペイで利用可能なエリアとチャージ後に利用可能なエリアがあります。
しかしオートチャージ設定を行えば全国でポストペイとして利用できます。
ポストペイ現金チャージオートチャージ
PiTaPa交通ご利用エリア××
ICOCAエリア×
全国エリア×
なお、クレジットカードからのチャージはできません。
PiTaPa交通ご利用エリア
ポストペイで利用可能なエリアが「PiTaPa交通ご利用エリア」です。
HPにはそう書いてありますので、ここでもそちらに合わせます。

阪急・阪神の電車やバス、そのほか関西圏の電車・バスは概ねこのエリアに含まれていますが、JR西日本が含まれていないことに注意してください。

ポストペイ対象ですので、この圏内で利用した分は後ほど請求が来ることになります。
この圏内での利用はクレジットカード利用と同じく、「ツケ払い」になるということです。
ICOCAエリア
ICOCAエリアとは、JR西日本のエリアです。
このエリアで利用する際は事前にチャージまたはオートチャージ設定が必要です。

事前のチャージはPiTaPaが利用可能な駅の券売機で、現金にて行うことができます。

オートチャージ設定をしている場合は、カード内残額が1,000円以下(子供用の場合は500円以下)になると、自動的に2,000円(子供用の場合は1,000円以下)がオートチャージされます。

このオートチャージ分はポストペイ分と合算して請求されます。

PiTaPa交通ご利用エリアでの利用との違いは、PiTaPa交通ご利用エリアは交通料金分がそのままポストペイになるのに対し、オートチャージ設定は最初にチャージされ、チャージ分がポストペイになります。

例えばPiTaPa残額が0、電車賃が300円だった場合、PiTaPa交通ご利用エリアなら300円の請求です。
しかしICOCAエリアでの利用なら、2,000円がチャージされますので、2,000円の請求になります。

1,700円が残るわけですが、これはそのままチャージ分として次回利用できます。
全国エリア
PiTaPa交通ご利用エリアとICOCAエリアを除いた、全国相互利用対象のエリアです。

このエリアでの利用は事前の現金によるチャージが必要です。
さらにICOCAエリアでは可能だった、オートチャージが不可能となっています。

PiTaPaが利用可能な駅の自動券売機で現金チャージができますので、改札を利用する前にチャージを行いましょう。
残ったチャージ分はどうなる
現金チャージ・オートチャージ分ともにPiTaPa交通ご利用エリアでは利用できないのですが、一部の交通機関では切符の購入に充てることができます。

それ以外では払い戻しも電子マネーとしての利用もできません。

全国エリアなら現金で切符を直接買った方が良いかもしれません。

PiTaPa(ピタパ)の種類

PiTaPaは大きく分けて、「PiTaPaベーシックカード」と「保証金預託制PiTaPaカード」があります。

PiTaPaベーシックカードが通常版といったところです。

申込は18歳以上から可能ですが、子供などの未成年の方は親権者の同意があれば発行可能です。

保証金預託制PiTaPaカードとは

保証金預託制PiTaPaカードは、主にPiTaPaベーシックカードの審査に落ちてしまった方のためのカードで、その名の通り利用前に保証金を納めることを必要とします。

利用枠と保証金の割合は1:4で、利用枠1万円を希望する場合は合計5万円を納める必要があり、利用枠2万円を希望する場合は合計10万円を納める必要があります。

申込は20歳以上から可能ですが、子供などの未成年の方は親権者の同意があれば発行可能です。

どちらも家族会員、こども用の発行が可能

PiTaPaベーシック・保証金預託制PiTaPaともに、電子マネーというよりクレジットカードに近いため、家族会員カードの発行も可能です。
家族カードの利用分は本会員カードの利用分と合算されて請求されます。

また小学校卒業年まで利用できるこども用の発行もどちらにおいても可能です。
後ほど説明しますが、PiTaPaには「PiTaPaショッピング」という「PiTaPaショッピング加盟店」で現金代わりに買い物に利用できるサービスがありますが、こども用はこのサービスが利用できません。

定期券付きについてはPiTaPaベーシックのみの取扱いとなっており、保証金預託制PiTaPaでは不可能です。

ポイント制度について

PiTaPa(ピタパ)にはポイント制度があります。

PiTaPaショッピング加盟店にて買い物を行うことで100円(税込)につき1ポイントが付与されます。
PiTaPaショッピング加盟店には、店舗によっては5〜20倍のポイント付与を行っている店舗もあります。

貯めたポイントはPiTaPaで交通機関(電車・バス)利用時に、500ポイントで50円を自動で差し引きます。
1ポイントを0.1円分として利用できるということです。

なおPiTaPaショッピング加盟店とは、PiTaPaをクレジットカードと同様にショッピングで利用できる店舗のことであり、PiTaPaポイントを必ず付与する店舗ではありません。
つまり、PiTaPaショッピング加盟店であってもPiTaPaポイントを付与しない店舗・サービスもあるということです。

次の店舗一覧はPiTaPaショッピング加盟店の”一部”です。
全国チェーンでも関西地区のみPiTaPaショッピング加盟店となっている店舗もありますので注意しましょう。
PiTaPaショッピング加盟店の”一部”
コンビニ・駅売店
■アイビーショップ■アズナス■サークルKサンクス(関西地区・三重県の店舗)■ファミリーマート(近畿2府4県全店舗および三重県・愛知県の一部店舗)■ポプラ(一部店舗)■ラガールショップ■京阪アンスリー■南海アンスリー
百貨店・大型商業施設百貨店・大型商業施設
■ekimo ■G・コレクション宝塚 ■HEP FIVE ■NU茶屋町 ■NU茶屋町プラス ■Time’s Place ■Whityうめだ ■ウイステ■エビスタ西宮 ■グランフロント大阪 ■グランフロント大阪ショップ&レストラン ■ショップ&レストラン ■スクラ三宮 ■ディアモール大阪 ■ナビオダイニング■なんばCITY ■なんばウォーク(ショップdeポイント10倍) ■なんばパークス ■ハービスPLAZA/PLAZA ENT ■ミング・阪急高槻 ■ららぽーと(EXPOCITY・和泉) ■ロサヴィアいばらき■近鉄百貨店 ■阪急メンズ大阪 ■阪急三番街 ■阪急西宮ガーデンズ ■阪急百貨店 ■阪神百貨店 ■新なにわ大食堂 ■枚方T-SITE
スーパー・グルメ・専門店スーパー・グルメ・専門店
■Joshin ■オークワ ■ココカラファイン(関西地区店舗) ■ジューサーバー(関西地区店舗) ■ブックファースト(関西地区店舗) ■フレッズカフェ■ヨドバシカメラ(京都・大阪) ■丸善ジュンク堂書店(近畿地方店舗) ■紀伊國屋書店(関西地区店舗) ■阪急オアシス ■成城石井(関西地区店舗)■洋服の青山(ショップdeポイント5倍
レジャー施設レジャー施設
■ひらかたパーク■みさき公園■リゾ鳴尾浜■海遊館■京都水族館■阪神甲子園球場
タクシー
■近鉄タクシー(ショップdeポイント進呈対象外) ■阪急タクシー(ショップdeポイント進呈対象外) ■阪神タクシー(ショップdeポイント進呈対象外

デポジット・発行費について

PiTaPaがクレジットカードに近い特性であることから、交通系電子マネーには必須のデポジットが不要です。

但し、1年間に一度もPiTaPaの利用がなければ、翌年に管理費として1,000円+税の支払いが必要です。
これはカードごとに請求されますので、家族会員の方の利用もなければ枚数分請求されることになります。

年間に一度も利用がなければ年会費がかかるクレジットカードがありますが、それとよく似ていますね。

購入方法について

入会申込書の送付またはwebからの申込となります。
自動券売機や駅の窓口でのカード発行や申込受付は行っておりません。

入会申込書はPiTaPa利用が可能な駅に置いてあるか、なければPiTaPaコールセンターに電話連絡すれば送付してもらえます。

webで申込を行うのが最も手っ取り早いと思います。

チャージ方法について

PiTaPaと一体型になったクレジットカードはあるものの、クレジットカードを利用してのチャージはできません。

ここでPiTaPaによる決済手段をまとめます。
PiTaPa交通ご利用エリアではポストペイ処理だけですので、チャージ自体はそもそも不可能です。
ICOCAエリアは事前の現金チャージまたはオートチャージ(ポストペイ分と合算して請求)となります。
全国エリアでは事前の現金チャージのみ対応しています。

よってクレジットチャージの出る幕がないのです。

クレジットカードのポイントが貯めたかったのに・・・、という方はSMART ICOCAを選択しましょう。

他の電子マネーでもクレジットチャージに対応しているものはありますが、関西圏のみで考えるとICOCAのみ、さらにクレジットチャージができるSMARTICOCAという選択になります。

なお、SMART ICOCAへのクレジットチャージでポイントを獲得できるカードは大変少なく、JCBカード三井住友カードはポイント付与対象外です。

リクルートカードはSMART ICOCAチャージへのポイント付与を行っており、そのポイント付与率は100円につき1.2ポイント、1ポイントは1円分として利用できます。

関西圏の交通系電子マネーとクレジットカードは、SMART ICOCAとリクルートカード、このペアがおすすめです。

<<前のページへ   次のページへ>>