ICOCA(イコカ)

クレジットチャージについて

ICOCAを持つならクレジットチャージが可能なSMART ICOCAが最もおすすめです。
その理由はクレジットチャージ時にポイントが付与されるためです。

ICOCA自体にはポイント制度はありませんが、クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントを獲得することができます。

但しJCBカード三井住友VISAカードはSMART ICOCAには不向きです。
その理由は、SMART ICOCAへのチャージはポイント対象外であるためです。

ポイント・マイル付与の対象とならない場合について(JCB公式)
ワールドプレゼントとは(三井住友カード公式)

JCBカードの場合、ポイントプログラムとして「OkiDokiポイント」がありますが、OkiDokiポイント制ではないJCBカードもポイント対象外となっていますので、JCBカード全般でSMART ICOCAへのチャージはポイント対象外と考えられます。

SMART ICOCAへのチャージが可能なクレジットカードは、以下のマークがついたカードです。

おすすめのクレジットカード

楽天カード

楽天カードはSMART ICOCAチャージへのポイント付与を通常分と同じように行っております(100円(税込)→1ポイント)。

楽天市場などでよく利用している方なら、楽天カードを選んでおいて間違いはありません。

エポスカード

エポスカードもSMART ICOCAチャージへのポイント付与は通常分と同じです(200円(税込)→1ポイント)。

発行元となるマルイでの特典が多いと思われがちなエポスカードですが、マルイ以外の提携先でもポイントアップが可能な店舗は大変多いです。

貯めたエポスポイントはエポスVISAプリペイドカードにチャージすれば、クレジットカードが使える店舗なら1ポイント1円分として利用が可能です。

公共料金の支払いでポイントアップが可能な数少ないカードです。

エポスカードの「選べるポイントアップショップ」

ICOCA(イコカ)の概要

JR西日本のICカードです。
全国相互利用可能ですので発行電鉄だけに限らず、様々な地域の電車やバスの改札でも利用できます。

ICOCA(イコカ)の種類

ICOCAには最もスタンダードな「ICOCA」、子供用の「こどもICOCA」、クレジットチャージが可能な「SMART ICOCA」があります。

さらにそれぞれに定期券の機能を持たせることもできます。

ポイント制度について

ICOCA(イコカ)にポイント制度はありませんので、ポイントを貯めたり使うなどの特典はありません。

デポジットについて

電子マネーやプリペイドカードはカード会社にとって利ざやが小さいため、使い捨てや紛失によるカード再発行費用を会社負担にすることが大変難しくなっています。

そのため前もって預り金を徴収しますが、これを「デポジット」といいます。

ICOCAの全種類についてもデポジットは必要で、ICOCAの初回購入費は2,000円ですが、利用可能額は1,500円となっています。

差額500円がデポジットとしてカード会社預りとなり、解約時のカード返却と引き換えに返金してもらえます。

購入方法について

ICOCA、こどもICOCA(定期券付き含む)は自動券売機で購入できます。
みどりの窓口でも購入できますので、職員に不明な点を聞きながら購入することもできます。

SMART ICOCAは他の2種とは異なり、次の申込方法となります。なお、SMART ICOCAの申込には本人確認書類とクレジットカードが必要です。
大阪駅の「Club J-WESTサービスコーナー」へ出向くなら、持参して行きましょう。

SMART ICOCAにおすすめのクレジットカードについては後述します

定期券付きの各種ICOCAは、4月は発行に時間がかかることがあるため、できれば前もって申し込んでおくことがコツです。

チャージ方法について

ICOCAにはICOCA、こどもICOCA、SMART ICOCAの3種類あるわけですが、全種で現金によるチャージが可能です。
現金でのチャージ方法は、駅構内にある入金機や自動券売機で行います。
のりこし精算機でも可能です。

現金でのチャージは最低1,000円からですが、クレジットチャージは3,000円からとなっています。

SMART ICOCAへのクレジットチャージは、申込時に申告したクレジットカードは手元になくても構いません。

入金機や自動券売機、さらにクイックチャージ機でクレジットチャージが可能ですが、チャージ手続きしただけでクレジットカードへ請求が向かうようになっています。

<<前のページへ   次のページへ>>