楽天カードのETCカード年会費が無料になる条件

楽天のETCカードはカード利用100円ごとに1ポイントが付与されます。

条件を満たせばETCカード年会費も無料になります。

1.ゴールド・プレミアム・ブラックである

楽天カードのカードランクは現在4種類あります。



ブラックが最も高いランクになります(ちなみにブラックはインビテーション制)。

ゴールド以上のランクのカードは、ETCカード年会費は無料です。

2.楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド・プラチナ」である

結局、ETCカード年会費がかかるのは、カードランクが一般であるときということです。
しかし一般カードであっても、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナであれば、ETC年会費は無料になります。

@ETCカードをネット申込の場合は、申込時点の会員ランクで年会費の要否が判断されます。

AETCカードを電話申込による場合は、審査通過後のETCカード発行時点の会員ランクで年会費の要否が判断されます。

B既にETCカードを保有しており次年度以降継続の場合は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の会員ランクで年会費の要否が判断されます。
楽天カードと楽天ETCカードの年会費請求月は同じとは限らないことに注意しましょう。

楽天PointClubのランクとは

楽天サービスの利用状況で分類されるランクです。
楽天サービスの利用金額が高額であるほど、または利用回数が多いほど高ランクになります。

ランクはレギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドの5段階があり、ダイヤモンドが最も高いランクとなっています。
ランク過去6か月間
どちらも満たすこと
獲得ポイント数利用回数
レギュラー1ポイント以上1回以上
シルバー200ポイント以上2回以上
ゴールド700ポイント以上7回以上
プラチナ2,000ポイント以上15回以上
ダイヤモンド4,000ポイント以上30回以上

楽天カードの保有
利用や購入した回数も関係しますので、高額商品を1度購入しただけで高ランクに飛び級できるわけではありません。

例えば、過去1月から6月で総獲得ポイント数が200P以上、総利用回数が2回以上に達した場合は、7月にシルバーにランクアップします。
さらにダイヤモンドの場合は、楽天カードの保有も条件になっています。

また、ランクは変動があります。

7月に到達したシルバーランクを8月も維持するためには、2月から7月の6か月間で総獲得ポイント数が200P以上、総利用回数が2回以上という条件をどちらも満たしておかなければいけません。

会員専用ページでは毎月2日にランクの表示更新が行われるようです。

楽天カード一般で楽天PointClubプラチナ以上は結構難しい

楽天カード一般で楽天PointClubプラチナのランクを目指すとなると、それほど簡単な条件ではありません。ポイントの獲得は楽天カードで楽天サービスを利用するなら4倍以上のポイント付与も可能です。

ポイントボーナスが大変多いのが楽天カードの特徴です

常時ポイント4倍と仮定すると、6か月間で5万円以上の利用が必要ということになります。
これにさらに、15回以上の利用という条件も必須です。

そんなに利用しないという方ならETCカード年会費は500円+税ですので、年会費を払ってしまった方が余計な買い物をすることがなく健全だと思います。

<<前のページへ   次のページへ>>