「OPクレジット」と「JALカード OPクレジット」の違い

”OP”とは小田急ポイントのことです。

小田急クレジットカードのスタンダードカードが「OPクレジット」であり、JALマイルと小田急ポイントを同時に獲得できるカードが「JALカード OPクレジット」となっています。
OPクレジットJALカード OPクレジットは、それぞれ次の3つのランクを取り揃えています。
OPクレジット一般カード(以下、OPクレジット一般)
ゴールドカード(以下、OPクレジットゴールド)
JALカード OPクレジット普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールドカード
”JALカード”については、プラチナと学生用であるnaviはありません。
ランクの順に付帯保険の補償額が手厚くなっていきます。

なお、ともにキャッシング枠がつくことはありませんので、ショッピング専用カードということになります。

年会費について

OPクレジット一般OPクレジットゴールドのスタンダード2枚の年会費は次のようになっています。
年会費が変わってもポイント付与率は同じですが、付帯保険の補償額が異なります。

OPクレジットゴールドは年会費無料条件があるものの、クリアのハードルはかなり高くなっています。
券種年会費(初年度)年会費(2年目以降)
OPクレジット一般無料500円+税
(年間1回の利用で本会員カード・家族カードともに年会費無料)
OPクレジットゴールド10,000円+税10,000円+税
(本会員と家族会員の年間総利用額が200万円以上で翌年の年会費が無料)
JALカードは”普通カード”が初年度年会費無料、翌年から2,000円+税がかかります。
どのカードも年会費の無料条件はありません。
券種年会費(初年度)年会費(2年目以降)
JALカード OPクレジット 普通カード無料2,000円+税
JALカード OPクレジット CLUB-Aカード10,000円+税10,000円+税
JALカード OPクレジット CLUB-Aゴールドカード16,000円+税16,000円+税

ポイント付与方法の違い

OPクレジットJALカード OPクレジットのポイント付与は、通常利用時に違いがあります。
券種通常利用時
OPクレジット200円(税込)→小田急ポイント1P
JALカード OPクレジット200円(税込)→1マイル
OPクレジットはどこで利用しても小田急ポイントを貯めることができますし、JALカード OPクレジットは小田急ポイントではなくJALマイルを貯めるカードとなっています。

ポイント・マイルの付与率は一般・ゴールドともに同じです。

では通常利用時”以外”の利用時というと、”小田急ポイントサービス加盟店”での利用時です。

”小田急ポイントサービス加盟店”での利用については、OPクレジットJALカード OPクレジットともに小田急ポイントを高レートで、さらに通常利用のポイント獲得とは別にポイント上乗せで獲得できるのです。
券種通常利用時
小田急ポイントサービス加盟店
での利用時
OPクレジット200円(税込)
→小田急ポイント1P
(還元率0.5%)
小田急ポイントを
購入額の1%
JALカード OPクレジット200円(税込)
→1マイル
(還元率0.5%)

小田急ポイントの貯め方

OPクレジットJALカード OPクレジットともに小田急ポイントサービス加盟店での利用は、小田急ポイントの上乗せがあることは分かりました。

通常利用なら200円(税込)利用で小田急ポイント1Pが上乗せ加算されます。

この小田急サービス加盟店でのポイント付与率は、店舗やサービスごとで様々ですが、概ね利用額の1%付与(1万円利用なら100ポイント付与)のて店舗が多くなっています。

一部の例を挙げてみます(2017年2月現在)。
店舗・サービス名ポイント付与ポイント利用
OPポイントカードOPクレジット
小田急百貨店初年度3%
翌年以降、最大10%ポイント
初年度5%
翌年以降、最大10%ポイント
1ポイント単位で利用可能
小田急ロマンスカー特急券購入料金の1%特急券購入額の全額で利用可能
(特急券購入額に満たない場合は交換不可)
新宿ミロード1%5%1ポイント単位で利用可能
Flags(フラッグス)1%1ポイント単位で利用可能
Odakyu OX ストア200円(税抜)につき1ポイント(0.5%)
(当月の利用額で、翌月のポイント付与率が上がる制度あり)
1ポイント単位で利用可能
新宿西口ハルク1%1ポイント単位で利用可能
経堂コルティ1%1ポイント単位で利用可能
相模大野ステーションスクエア1%1ポイント単位で利用可能
・・・
他、およそ100の店舗でポイント獲得が可能
なお、OPポイントカードとは、クレジット機能のないポイントを貯めたり使ったりするだけのカードです。

小田急百貨店でのポイント加算について

10万円
未満
10万円
以上
50万円
未満
50万円
以上
80万円
未満
80万円
以上
100万円
未満
100万円
以上
OPクレジット+0%+2%+3%+5%
OPポイントカード+0%+2%+3%+5%+7%
小田急サービス加盟店ごとにポイント付与率は変わってきますが、小田急百貨店でのOPポイント付与率は、通常品でOPポイントカード、OPクレジット、それぞれ3%と5%です。
セール品や食料品などは1%です。

当年の総利用額によって、翌年のポイント付与率が大きく変わります。
例えば当年の利用実績が30万円だった場合、翌年のポイント付与率は次のように変わります。ともに最高10%のポイント付与率が可能です。
なお、セール品や食料品はポイント加算はなく、1%のままです。

既にOPポイント会員の方も引き継ぎ可能

既にOPポイントカード(クレジット機能なし)を持っている、または別の「OPクレジット」を持っており、ポイントを引き継ぎたい方も大丈夫です。

申込時に「旧カード番号」を記入する箇所がありますが、そこに現カード番号を記せば新カードに引き継ぐことができます。
なお、家族会員のポイントを引き継ぐことはできません。

JALカード OPクレジットのマイルの貯め方

JALカード OPクレジットを通常利用した場合、200円(税込)で1マイルが付与されます。
小田急ポイントサービス加盟店でカード利用した場合は、マイルに加えて小田急ポイントも上乗せ加算されます。

上乗せ加算される小田急ポイントの付与率や利用単位はOPクレジットと同じです。

JALカード OPクレジット普通カードCLUB-Aカードについては、”ショッピングマイル・プレミアム”に入会することでマイルの獲得率がアップします。

但し、入会においては年会費3,000円+税がかかります。
通常利用獲得マイル
通常ショッピングマイル・プレミアム
入会
普通カード200円(税込)→1マイル100円(税込)→1マイル
CLUB-Aカード200円(税込)→1マイル100円(税込)→1マイル
CLUB-Aゴールドカード100円(税込)→1マイル
ショッピングマイル・プレミアムには自動入会、年会費不要
CLUB-Aゴールドカードについては”ショッピングマイル・プレミアム”に初期設定で入会済となっており、年会費はかかりません。

さらにこれらは通常利用時の獲得マイルであり、特約店での利用はさらに倍になります。
特約店とは次の店舗やサービスが該当します。これら特約店でカードを使うとさらにポイントが倍になります。
特約店利用獲得マイル
通常ショッピングマイル・プレミアム
入会
普通カード100円(税込)→1マイル100円(税込)→2マイル
CLUB-Aカード100円(税込)→1マイル100円(税込)→2マイル
CLUB-Aゴールドカード100円(税込)→2マイル
ショッピングマイル・プレミアムには自動入会、年会費不要

PASMOのオートチャージによるポイント2重ゲット

OPクレジットJALカード OPクレジットともに電子マネーPASMOへのチャージが可能です。

その際、オートチャージに限ってポイントあるいはマイルの付与対象となっており、小田急グループの一部店舗でのPASMO利用でさらにポイントあるいはマイルの付与対象となっています。

つまりポイント・マイルの二重取りができるということです。
詳しくは下記リンクを参照してください。

OPクレジットとPASMO

小田急ポイントを使う

JALカード OPクレジットのみ、マイルと「小田急ポイント」の相互交換が可能

JALカード OPクレジットのみ、マイルと小田急ポイントは相互に交換可能となっています。
交換レート小田急ポイントJALマイル交換単位
【A】2,000ポイント1,000マイル2,000ポイント単位
【B】10,000ポイント10,000マイル10,000マイル単位
通常のOPクレジットではJALマイルへ交換することはできず、JALカード OPクレジットのみマイルと交換可能となっています。

”ショッピングマイル・プレミアム”未入会のマイル付与は「小田急ポイント」に交換しない方が良い?

JALカード OPクレジットは”ショッピングマイル・プレミアム”に入会することで、マイルの付与率を2倍にすることができます。

結論から言うと、”ショッピングマイル・プレミアム”未入会の場合、【B】の交換はしない方が良いということです。

”ショッピングマイル・プレミアム”未入会のマイル付与率は0.5%です(200円(税込)→1マイル)。
一方、「小田急ポイント」の付与率は概ね1%です(多くの店舗で利用金額の1%付与)。

1マイルも小田急ポイント1Pも、1円分として計算するとします。

そうなると、【B】の交換はしない方がよいと考えることができます。

それぞれの分のポイント・マイルを獲得するためにいくらを決済しなければいけないかを考えると、この交換レートは等価交換とはいえないためです。
ショッピングマイル・プレミアム
未入会
小田急ポイントJALマイル
【A】2,000ポイント
(20万円利用分)
1,000マイル
(20万円利用分)
【B】10,000ポイント
(100万円利用分)
10,000マイル
(200万円利用分)
【B】の交換経路は200万円利用分で獲得できるマイルを、100万円利用分で獲得できるポイントへ交換することになるので”損”といえます。

”ショッピングマイル・プレミアム”入会済なら、等価交換となります。
ショッピングマイル・プレミアム
入会済
小田急ポイントJALマイル
【A】2,000ポイント
(20万円利用分)
1,000マイル
10万円利用分)
【B】10,000ポイント
(100万円利用分)
10,000マイル
100万円利用分)
還元率だけに絞ればこのような見方をすることもできるということです。

小田急ポイントの獲得は小田急ポイントサービス加盟店のみであり、JALマイルの獲得は通常利用時と、獲得機会の幅が異なることも考慮するとよいでしょう。

1ポイントを1円として利用する

小田急ポイントサービス加盟店なら小田急ポイント1Pを1円分として利用できます。

ポイントの利用は小田急ポイントサービス加盟店のみとなっており、人気であるギフトカードの交換は取り扱っていません。
JALカード OPクレジットの場合は、小田急ポイント獲得が小田急ポイントサービス加盟店での利用時のみとかなり限定されるため、ポイントは貯まりにくいかもしれません。

その代り小田急ポイントサービス加盟店でのポイント還元率は1%ほどになりますので、小田急百貨店はじめ、 「新宿ミロード」「Flags(フラッグス)」などをよく利用される方にはおすすめです。

国際ブランドの違い

OPクレジット一般カード
ゴールドカード
VISA
MasterCard
JCB
JALカード OPクレジット普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールドカード
JCB
OPクレジットは3つのブランドから選択ができますが、JALカード OPクレジットはJCBブランドのみの発行となっています。

なお、OPクレジットゴールドのみ、JCBブランドとVISA・MasterCardブランドで旅行保険の補償額が異なります(OPクレジット一般は付帯保険自体なし)。

家族特約等の違いになりますので、海外旅行機会が多い方は考慮した方が良いです。

<<前のページへ   次のページへ>>