Suica(スイカ)

クレジットチャージについて

まずSuicaカードとモバイルSuicaで分かれます。

カードタイプはビューカード(JALカードSuicaなど)のみ、クレジットチャージ・オートチャージが可能です。
ビューカード発行以外のクレジットカードでチャージはできず、現金チャージのみとなります。

一方でモバイルSuicaは、非常に多くのクレジットカードでチャージが可能です。
但しポイント付与の対象外としているカードが多く、ポイント付与を希望するならしっかり選別しなければいけません。

モバイルSuicaへのチャージでポイント付与を行っているカードの中で、おすすめのカードは次の3種類です。クレジットカードの顔ともいえるJCBカード三井住友VISAカードは、Suicaへのチャージをポイント付与対象外としています。

おすすめのクレジットカード

楽天カード

楽天カードはSuicaチャージへのポイント付与を通常分と同じように行っております(100円(税込)→1ポイント)。

楽天市場などでよく利用している方なら、楽天カードを選んでおいて間違いはありません。

エポスカード

エポスカードもSuicaチャージへのポイント付与は通常分と同じです(200円(税込)→1ポイント)。

発行元となるマルイでの特典が多いと思われがちなエポスカードですが、マルイ以外の提携先でもポイントアップが可能な店舗は大変多いです。

貯めたエポスポイントはエポスVISAプリペイドカードにチャージすれば、クレジットカードが使える店舗なら1ポイント1円分として利用が可能です。

公共料金の支払いでポイントアップが可能な数少ないカードです。

エポスカードの「選べるポイントアップショップ」

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードの一種であるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードもSuicaチャージへのポイント付与は通常分と同じです(1,000円(税込)→1ポイント)。

楽天市場も利用しないし、オーソドックスなクレジットカードが良いというか方にはこのカードがおすすめです。

年会費は初年度無料、翌年以降は前年に1回のカード利用があれば無料という簡単な無料条件となっています。

Suica(スイカ)の概要

JR東日本のICカードです。
全国相互利用可能ですので発行電鉄だけに限らず、様々な地域の電車やバスの改札でも利用できます。

Suica(スイカ)の種類

Suicaにはスタンダードなカードとしての「Suica」、アプリをダウンロードすることで利用できる「モバイルSuica」も揃えています。

どちらにも定期券の機能を持たせることもでき、チャージしておけば定期券区間外での利用時も自動でチャージ分から運賃が精算されることになります。

記名式と無記名式

カードタイプのSuicaは、紛失時に再発行可能な「記名式」と、「無記名式」も選択できます。
なお、現在無記名式であっても、途中から記名式へ変更することも可能です。

記名式は式名の通り、Suicaカード本体に本人の名前が印字されます。
また購入時に氏名・生年月日・性別の登録が必須です。

このような手続きを踏むことで紛失時の再発行が可能になります。

無記名式は上記個人情報の登録は不要ですが、紛失時には再発行という補償はありません。

モバイSuicaはデポジットはありませんが、年会費として1,030円(税込)が必要です。

ポイント制度について

ポイントの貯め方

Suicaを利用することで「Suicaポイント」を獲得できます。

混同される方がいますが、Suicaで獲得できるポイントはSuicaポイントであり、Suica一体型のクレジットカード(例えばJALカードSuica 普通カード)で獲得できるポイントは「ビューサンクスポイント」です。

ポイントの種類が異なる点に注意してください。

Suicaポイントの獲得機会は、街ナカ・駅ナカでのショッピング利用です。

電車やバスの利用ではポイントは獲得できません。
Suicaポイントが獲得できる街ナカ店舗一覧(2017年5月4日現在)
コンビニ
スリーエフ(200円で1ポイント)
スーパー・ショッピングセンター
Ario(アリオ)(200円で1ポイント)
イトーヨーカドー(200円で1ポイント)
書店
紀伊國屋書店(100円で1ポイント)
ファッション
コナカ(100円で1ポイント)洋服の青山(100円で1ポイント)
アミューズメント
WiiU/Newニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS LL(200円で1ポイント)
ホテル
ファミリーオ/フォルクローロ(200円で1ポイント)
飛行機(国内線機内販売)
ANA(200円で1ポイント)
その他
タイムズ(100円で1ポイント)ヤマト運輸(200円で1ポイント)
全国チェーンの店舗でも、Suicaポイント付与対象は主に首都圏内で、広くても東北・中部エリアまでです。

例えば、スーパー・ショッピングセンターのArioは、関東・東北・中部エリアの店舗のみSuicaポイント付与となっています。

さらに詳しく知りたい方はSuicaのHP(街ナカ)を参照してください。

また駅ナカの店舗や駅ビル内の店舗でもSuicaポイントは獲得できます。
こちらは大変多くの該当店舗があります(SuicaのHP(駅ナカ))。

Suicaポイントが付与される店舗には店内の見やすいところに下記のステッカーが貼ってあります。

このステッカーがない店舗はポイントの付与はありません。

ポイントの使い方

貯めたSuicaポイントはSuicaにチャージするか、またはTポイント、WAONポイントにも交換できます。
交換レートを見るとSuicaへのチャージが最もお得です。
SuicaポイントをSuicaにチャージ
申込はPCまたは携帯電話、どちらも専用サイトから行うことができます。
自動券売機のみでの手続きはできず、申込はwebからが必須なります(手続き後の実際のチャージは自動券売機で行います)。
SuicaポイントをTポイント、WAONポイントと交換
交換レートが「SuicaポイントをSuicaにチャージ」より小さく、さらに交換1回につき手数料も必要となります。
交換先TポイントWAONポイント
交換レートSuicaポイント100P⇒Tポイント85PSuicaポイント100P⇒WAONポイント90P
交換手数料Suicaポイント100Pの交換につき
Suicaポイント15Pが必要
Suicaポイント100Pの交換につき
Suicaポイント10Pが必要
交換単位Suicaポイント500P以上100P単位Suicaポイント100P以上100P単位
申込後、2週間をめどに交換が完了します。

デポジットについて

電子マネーやプリペイドカードはカード会社にとって利ざやが小さいため、使い捨てや紛失によるカード再発行費用を会社負担にすることが大変難しくなっています。

そのため前もって預り金を徴収しますが、これを「デポジット」といいます。

SUGOCAの全種類についてもデポジットは必要で、SUGOCAの利用可能額は初回購入費から500円引いた額となっています。

差額500円がデポジットとしてカード会社預りとなり、解約時のカード返却と引き換えに返金してもらえます。

購入方法について

記名式・無記名式・定期券付きであるカードタイプは、多機能券売機またはみどりの窓口で購入できます。

モバイルSuicaは対応のスマホとクレジットカードを用意すれば申込が可能です。

<<前のページへ   次のページへ>>