楽天Edy(エディ)

クレジットカードによるチャージ

EdyにはEdy機能のみのカードクレジットカード一体型モバイルタイプがありますが、どれもクレジットカードによるチャージが可能です。

クレジットカードでEdyチャージができるカードはたくさんありますが、ポイントの付与対象としているカードは限られます。

やはり楽天カードであればポイント付与対象としていますし、Edyと同様の楽天スーパーポイントが貯まりますのでお得です。

おすすめのクレジットカード

楽天カード

楽天カードはEdyチャージへのポイント付与を通常分と同じように行っております(100円(税込)→1ポイント)。

楽天市場などでよく利用している方なら、楽天カードを選んでおいて間違いはありません。

楽天Edyの概要

楽天グループが提供する電子マネーです。

Edyの種類

カードタイプとモバイルタイプに分類できます。

カードタイプはEdy機能のみの「Edy-楽天ポイントカード」と、Edy機能付き楽天カードの2種類です。
モバイルタイプはおサイフケータイまたはiPhoneにEdy専用アプリをダウンロードすることで利用を開始できます。

Edy-楽天ポイントカード

Edy機能と楽天のスーパーポイントを利用できるカードです。
なお、このEdy-楽天ポイントカードのみ、発行費が300円+税かかります。

利用につき楽天スーパーポイントを獲得することができますが、Edy-楽天ポイントカードのみ最初に設定が必要ですので、HPから手続きを進めてください。

事前設定を行わなければ、楽天スーパーポイントを獲得することはできず、ただの電子マネーのままです。

また、後で詳しく記述しますが、Edy-楽天ポイントカードのみクレジットチャージを予定している方は専用の機材を用意しなくてはいけませんのでさらに費用がかかってしまいます。

Edy機能つき楽天カード

楽天カード(クレジットカードのことです)にEdy機能を一体型にしたものです。
このカードは発行費は不要です。

「Edy機能つき」ということですので、紛失・盗難時のことが心配であればEdy機能を追加しない、クレジット機能だけの楽天カードも発行できます。

支払時に電子マネー、クレジットカードのどちらでも決済できる場面がありますが、電子マネーで支払いたいときは「支払いはEdyで」と店員に声をかけましょう。
クレジットカードで支払いたいときは「クレジットカードで」と声をかけます。

上で述べたEdy-楽天ポイントカードではポイント制度を利用するのに事前設定が必要でしたが、Edy機能つき楽天カードは既に登録済みですので事前設定は必要ありません。

おサイフケータイまたはiPhoneにダウンロード

アプリをダウンロードすることで、利用を開始できます(楽天HP)。

ポイント制度についてはEdy-楽天ポイントカードと同様に、最初に事前設定が必要です。
HPから手続きを進めてください。

おサイフケータイのみ、次の中から獲得できるポイントを選択できます。例えばPontaポイントを選択した場合、Edyの利用でPontaポイントを獲得できます。
いずれのポイント制度を選択しても、200円(税込)につき1ポイントです。

ポイント制度について

Edyを利用すると200円(税込)につき楽天スーパーポイント1Pを獲得できます。
獲得した楽天スーパーポイントは、1ポイントを1円分として利用できます。
還元率は0.5%ということになります。

購入方法について

Edy-楽天ポイントカード、Edy機能つき楽天カードについてはweb申込となります。
おサイフケータイはアプリをダウンロードすることで、Edy利用を開始できます。

チャージ方法について

チャージ方法は様々です。

現金によるチャージ

交通系電子マネーなら自動券売機で、WAONならイオン銀行で現金チャージが可能ですが、Edyへの現金チャージはコンビニなどのEdyが利用できる店舗の一部で可能です。

あくまでEdyが利用できる店舗の”一部”ですので、あらゆる店舗で現金チャージができるわけではありません。

Edyに現金チャージできる店舗は次の通りです。
Edyに現金チャージできる店舗
■サークルK■サンクス■スリーエフ■セイコーマート■セブンイレブン■ファミリーマート■ポプラ■生活彩家■くらしハウス■スリーエイト■デイリーヤマザキ■ミニストップ■ローソン■WonderGOO■プロント■CAFFE SOLARE■喫茶室ルノアール■ツルハドラッグ■くすりの福太郎■ドラッグストア ウェルネス

クレジットカードによるチャージ

Edy-楽天ポイントカードへのクレジットチャージ

Edy-楽天ポイントカードにクレジットチャージを行う場合は、2つの方法があります。おすすめはEdyチャージアプリです。
その理由は無料でできるためですが、モバイルの指定があり、一部のAndroidのみとなっております(Edyチャージアプリ対象端末について[楽天HP])。

機材を用意する方法については有料になります。
機材といってもUSB端末かEdyカードの読み取り機です。

価格は次のようになっています。
どれかひとつでOKです。既にPCを持っている方なら楽天EdyリーダーUSB型がおすすめです。

PCがない方ならFeliCaポート(2.0以降)またはNFCポートのどちらかを搭載したパソコンが必要です。
PCの購入となるため値段はかかります。
Edyを利用するためにPCを購入するのはもったいないので、現金チャージをおすすめします。

機材を購入したら、楽天EdyのHPに沿ってチャージしてください。

Edy-楽天ポイントカード”以外”へのクレジットチャージ

Edy-楽天ポイントカード”以外”とは楽天カードまたはモバイルタイプのEdyが該当します。

これらはwebから手続きすることで、クレジットチャージすることができます。
クレジットカードは様々なカードでチャージが可能ですが、電子マネーへのチャージはポイント付与対象外となっているカードが多いです。

しかしやはり同じグループの楽天カードは強く、チャージでもポイント付与、Edy利用でもポイント付与されますので、いわゆるポイントの二重取りが可能です。

<<前のページへ   次のページへ>>